青山 - 株式会社青山石工房

スタッフブログ

樹齢106年の木陰

こんにちは。

 

今朝も冷え込みましたね。

風邪などにはくれぐれも

気を付けてお過ごし下さい。

 

さて。

今日は、大島本社『石・今昔ギャラリー』

の入口にある、くすの木の歴史について

ご紹介ししたいと思います。

 

 

この木は元々は、

今から106年前の

大正4年(1915年)に

当時の大正天皇がご即位をされた

記念として3本のくすの木の苗を、

宮窪町余所国(よそくに)にあった

余所国小学校舎の校庭に、

植樹されたものなのだそうです。

 

 

古い写真にりますが、

校庭の道路側に3本の木が写っているのが

見えると思います。

 

この場所で、何十年もの月日が過ぎ

今から35年程前、

道路の拡張工事のため、その木を

除けなくてはならなくなったそうです。

 

その際、当社の前社長(現会長)が、

自分の出身の小学校だったこともあり

そのうちの1本を譲り受け

昭和61年(1986年)、

この地に会社を設立する時に、

さまざまな思いを込めて、

今のこの場所に植えたそうです。

 

それから35年。

大島石でできた、電話ボックスの傍で、

今も大きく元気に育ち続けています。

 

 

暑い夏には、この大きな木陰が、

サイクリストさん達の絶好の休憩場所と

なっています。

そして、その隣にあるトトロのオブジェ。

この付近には、

ポケモンGOのポケスポットが

あるそうですよ☆

 

公衆電話は取り外し、

今は電話をすることはできませんが、

皆さんも、大島に来られた際には、

このレトロな写真スポットを

是非ご覧になってみては

いかがでしょうか

 

ということで。

青山石工房・石今昔ギャラリーの

目印「大きなくすの木」と

「レトロな電話ボックス」のお話でした。

 

www88_31いつも応援ありがとうございます☆