青山 - 株式会社青山石工房

スタッフブログ

よしうみバラ公園と野間仁根ミュージアム

皆さんおはようございます。

暖かかったり寒かったり…。これがまさしく三寒四温。

でも春はもう間もなくですね☆

体調管理にはくれぐれも気を付けて

今日も一日頑張りましょう♬

 

さて。

今日は、吉海町のよしうみバラ公園と野間仁根バラのミュージアムの

ご案内と、当社で携わらせて頂いた石工事について

ご紹介したいと思います°˖✧◝⁰▿⁰◜✧˖°

 

 

 

 

しまなみ海道、大島の吉海町にあります、

2.8ヘクタールの広大な敷地に400種類3500株、

イングリッシュローズなど新しいバラを移植をした

日本でも数少ない、希少なバラを入場料無料鑑賞することが

できる「よしうみバラ公園」。

 

毎年バラの開花時の5月中旬の開催される、よしうみバラ祭りは

バラの鑑賞や販売の他、絵手紙やフラワーアレンジメント、

砂絵などのクラフト教室や、たくさんの出店、

美味しいご当地グルメも楽しみことのできる

盛大なイベントになっています。

 

そして‥‥。

 

その公園手前にあるこちらの大島自然石のモニュメント。

大きい石は高さ6メートル、横幅3.5メートルあります。

町の発展と町制施行30周年記念として

今から37年前に当社で建立させて頂いた石碑です。

二つの自然石を使って、未来に翔ける青少年の夢と

順風満帆の町の発展を願い、風を受けるヨットの帆を

イメージして制作をしたものです。

 

 

そしてこちらの建物

バラ公園のすぐ横には、吉海町郷土文化センター

「野間仁根バラのミュージアム」があります。

 

1989年5月に開園したこの建物は、

地元産である大島石をふんだんに使用しており

門柱、石壁、石畳、そして園庭にある様々な石のオブジェを

当社で施工させて頂きました。

 

石づくりの建物外観

 

恐竜の卵をイメージしたモニュメント

 

村上水軍の船をイメージしたモニュメント

 

吉海町に由来のあるカブトガニと車エビの

レリーフ彫刻をした石碑銘板石碑

 

ここ、吉海町郷土文化センター「野間仁根バラのミュージアム」

には、瀬戸内海の風景画、薔薇を描いた静物画など

温かな色調と夢のある絵を描く、海外にない日本の

フォービズムとしてとても人気のある、吉海町出身の

野間仁根画伯の作品が展示されています。

その他にも、優れた洋画、日本書家、陶磁器、

武具、民具や遺物をはじめ村上水軍ゆかりの資料など

多彩な展示物を鑑賞することができます。

 

※野間仁根バラのミュージアム(吉海郷土文化センター)

TEL 0897―84―2566

 

※バラ祭りよしうみ2020(吉海町役場)

5月16日~5月17日(予定)

TEL 0898―84―2111

 

バラの開花ももう間もなく始まりだす「よしうみバラ公園」。

家族で楽しめるアスレチック遊具もたくさんあります。

皆さんも美しいバラと公園、野間仁根画伯の素晴らしい作品を

是非ご覧になって下さいね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

そして…。

30年以上経っても変わらない

大島石のいろいろな形をご覧頂けると嬉しいです。

 

ということで。

今日は、吉海町よしうみバラ公園と

野間仁根バラのミュージアムについてのお話でした♬

 

www88_31いつも応援ありがとうございます☆

青山石工房インスタグラムはじめました

こちらもフォローどうぞよろしくお願いします☆